ウインドサーフィン

ウインドサーフィン

 ゲンタの趣味への旅のホームトップへジャンプするぞ > 風とウインドサーフィン さっき見たページに戻りたいときはこのボタン ゲンタの趣味への旅のコンテンツリストへジャンプするぞ いろんな趣味へのリンク集へジャンプするぞ ゲンタへなんでもメールちょうだい 次のページは、さてなんだろう?



風とウインドサーフィン



波にうまく乗って、沖から海岸を目指すサーフィンに対して、風をセール(帆)に受けて海面をすべるように進めることができるのがウィンドサーフィンです。
サーフィンとヨットを足して二で割ったようなスポーツですが、ウインドサーフィンは、やはりサーフィンに近いと思います。



風を感じて



うまく風に乗り、スピードが最高に出たときの爽快感はなんとも言いようがないくらい楽しいですよ。


思い通りに操れるようになるまでには、結構時間がかかりますが、それも趣味の醍醐味ですよね。


長い付き合いができるよう、じっくり体に覚えこませるのがいいと思います。




基本は大事


どんなスポーツでもそうですが、最初が肝心だと思います。コツを覚えるまでは、基本をしっかり覚えるようにしましょう。


そのためにも、スクールのレッスンを受講するのがおすすめです。
本を読んだり、上手な友達に手ほどきを受けると、やはり自己流になりがちになります。


一度それで体が覚えてしまうと、矯正に相当時間がかかってしまいます。逆に、しっかり基本が身に付くと、その先の応用へ順調に進めることができ、海に行けば行くほど自分の技の成長にびっくりするようになると思います。



にわかウィンドサーファーになるより、ここはしっかり自分の趣味にしてみませんか。風を読み、波を読んでうまく操縦できたときの爽快感は何物にも代えがたいです。




念願のボード


一通り基本が身につくと、ボードがほしくなってきます。なんでもよさそうに思いますが、やはり自分との相性があります。


そこで、しばらくはレンタルでいろいろ自分にあうボードを探してみてください。
あーでもない、こーでもないとやっているうちに、「このボードが乗りやすいなぁ」というのが見つかるはずです。


この時を契機に、そろそろマイボードなどの購入の検討を始めましょう。ショップのスタッフにいろいろ聞いてみて、集めましょう。


海はどこにも行きませんから、納得いくまで探しましょうね。



ビーチクリーン


浜辺って以外とゴミが打ち上げられるんですよね。ビーチで遊んで、そのまま帰ってしまう人もいて・・・、


こんなきれいな海は、ずーと守っていきたいですよね。


サーファー達の間では、遊んだ後ビーチのごみを集めるボランティアが浸透してきているように思い、大変心強いと感じています。


日本をきれいにしようとする、ちょっとした心がおいらは大好きです。一人でやると恥ずかしいけど、仲間でやっちゃえばなんてことないですよね。



できたら、みなさんもいいことはまねしましょうね。
帰るときは当たり前にゴミを持ち帰るなんて、すばらしいことだと思いませんか?








風の使い方もいろ
いろあるんだなぁ


 ゲンタの趣味への旅のホームトップへジャンプするぞ ゲンタの趣味への旅のコンテンツリストへジャンプするぞ いろんな趣味へのリンク集へジャンプするぞ ゲンタへなんでもメールちょうだい       さっき見たページに戻りたいときはこのボタン ホームページのコンテンツにもどるよ                        このページのトップへジャンプするぞ
Copyright (C) 趣味への旅 All Rights Reserved
ご覧いただきありがとうございます。 また、いつでもきてくださいね。待ってます。