サーフィン

サーフィン

 ゲンタの趣味への旅のホームトップへジャンプするぞ > 海とサーフィン さっき見たページに戻りたいときはこのボタン ゲンタの趣味への旅のコンテンツリストへジャンプするぞ いろんな趣味へのリンク集へジャンプするぞ ゲンタへなんでもメールちょうだい 次のページは、さてなんだろう?



海とサーフィン

外海の荒い波を眺めていると絶対サーフィンがしたくなってくる。あの波に乗って砂浜までこれたときを想像しただけでもワクワクしてしまう。
ボードに乗るだけでも最初は大変で、何回転べば乗れるのだろうと、もういやになるくらい転びますが、一旦乗れてしまうと後がどんどん楽しくなってくる、魅力が高い海のスポーツ。それがサーフィンだと思います。




健康にもいいんです



同じシーン、シチュエーションが無い、すべてが新しい波なので感動や悔しさは、乗った波の数だけあるということです。


運動量も並みじゃないですから、無駄な脂肪はすぐ消化してしまいますよ。
海での引き締まった体づくりにも最適です。今は女性も多いですね。


体ひとつで大波に乗ろうとするのですから、無謀にも見えますが、乗れちぁうんですね。しっかり理に適った方法で波と一体になるんですよ。
海でサーフィン、面白いと思いませんか?




海外に行って


グアムやハワイなどに行って、ビッグウェーブに乗れたときの感動は忘れられないはずです。


世界中の海の有名スポットで波に乗れれば最高ですよね。


いくつの波に乗れるか



スクールで基本を


将来ずっとサーフィンを楽しみたいと思っている人は、自己流では行き詰ってしまいますので、スクールなどで基本をしっかりマスターした方が絶対おすすめです。海には危険なことが沢山ありますので、その海での対処方法などもスクールでしっかり身につけるようにしましょう。


また、上手な人、できればプロの技をよく見て海でのイメージトレーニングをして、自分の体に擬似体験させることもいい方法だと思います。
やっぱり、基本と経験が大切ですね。






憧れのマイボード


一応ボードに乗れるようになってきました。さて、マイボードがほしくなってくる時期ですよね。ショップに沢山並んでいるのを見るにつけ、ふつふつと夢が膨らんでくるはずです。「車のルーフにマイボードを積んで海へ・・・」。


でも、ここはぐっと抑えて、レンタルなどでじっくり自分にあいそうなタイプを把握していってみてください。


「今はもうこれが一番あっていそうだな」と思えるようになって初めて購入を考えてみても遅くないと思います。海は逃げませんからね。


ショップのスタッフによーく相談して決めてくださいね。
そのほかのアイテムもいろいろ勉強しながら揃えていってください。



なんでも経験


サーフィンに限らず、人によって「これは簡単そうだ」とか「これは僕には、私には絶対ムリ!」と決め付けてしまいがちですが、人がやっていることは大抵みんなある程度まではできるものなんです。


でも、基本がしっかりしている人と、自己流とでは後になって大きな差がついてしまうので最初が肝心です。


海の知識をしっかり頭と体に覚えさせてくださいね。



腹が減っては・・・


海でしこたま波に乗った後は、陸でバーベキュー。
これ、最高のご馳走になること間違いなし。


ビーチクリーン


海岸は以外とゴミが打ち上げられるんですよね。
ビーチで遊んで、そのまま帰ってしまう人もいて、ちょっと悲しいですが、サーファー達の間では、遊んだ後ビーチのごみを集めるボランティアが浸透してきているように思い、大変心強いと感じています。

日本をきれいにしようとする、ちょっとした心がおいらは大好きです。


一人でやるとちょっと恥ずかしいけど、仲間でやっちゃえばなんてことないですよね。
「ん?ぜんぜん恥ずかしくない? それはすばらしい!」

できたら、みなさんもいいことはまねしましょう。
帰るときは当たり前にゴミを持ち帰るなんて、すばらしいことだと思いませんか?










サーフィンねぇ
いっちょやってみるか


 ゲンタの趣味への旅のホームトップへジャンプするぞ ゲンタの趣味への旅のコンテンツリストへジャンプするぞ いろんな趣味へのリンク集へジャンプするぞ ゲンタへなんでもメールちょうだい       さっき見たページに戻りたいときはこのボタン 次のページは、さてなんだろう?                        このページのトップへジャンプするぞ
Copyright (C) 趣味への旅 All Rights Reserved
ご覧いただきありがとうございます。 また、いつでもきてくださいね。待ってます。