パラグライダー

パラグライダー

 ゲンタの趣味への旅のホームトップへジャンプするぞ > 空とパラグライダー さっき見たページに戻りたいときはこのボタン ゲンタの趣味への旅のコンテンツリストへジャンプするぞ いろんな趣味へのリンク集へジャンプするぞ ゲンタへなんでもメールちょうだい 次のページは、さてなんだろう?



空とパラグライダー



おいらの小さい頃からの夢は、空を飛ぶことでした。パイロットになりたいと考えた時期もありましたが、今ではサラリーマン稼業をしています。
でも、空を飛ぶ夢をどうしても捨てきることができません。


空を飛ぶために


空をとぶためには練習、練習

そこで目についたのがパラグライダーです。これを知ってからは、もう夢は膨らむばかりです。パラグライダーののんびり感が、私にはぴったりくるので、もうこれしかないと思っています。

パラグライダーとはパラシュートのパラとグライダーの合成語です。


パラシュートの降下性能にグライダーの滑空性能をドッキングさせたすばらしい乗り物だと思います。発案者はなんとアルピニストだそうです。高い山の上から麓まで降りるために考案したとのことです。



パラシュートのあんなふにゃふにゃな生地をグライダーの翼にしてしまうんですから、すごいと思いませんか。真っ青な空、きれいな山々を見ながら、風に吹かれてゆっくり滑空して降りてくるのを想像しただけで、身震いしてしまいます。


さあ、地面を離れて


山の斜面から走り出すと、キャノピーが広がり、「すっ」と体が空に向かって浮くんです。後は、左右のラインを操り麓の目的地まで空中散策です。


上昇気流が発生していると、さらに上空にも行くことができるんですって。とんびが空高くゆっくり飛んでいるのを見て、あんな風に飛べるんだと思うと、ワクワクしてきます。


四季折々の景色を眺めながら、そのときの空気をいっぱい吸っての散歩は最高だと思います。

老若男女、誰でもできるスポーツですから全然心配は要らないようです。ぜひ楽しみましょう。



リスク


どんなスポーツにも共通すること。それは「リスク」です。パラグライダーは空中に滞在するわけですから、落ちるリスクということです。


でも、基本をしっかり身に付け、無理をせず、先輩の注意をしっかり聞いてそれを忠実に守っていれば、このリスクは激減します。さらには補助のパラシュートを装備することで、さらに安全性を向上することができます。


やはり基本を習得するためには、スクールで受講するほうが絶対早道だと思います。また、必要な知識も過不足なく教えてくれるのでぜひ行きましょう。日本各地で開かれているようですので、まずは体験スクールといきましょうか。



装備



パラグライダーは、キャノピー(パラシュート兼翼かな)と体を吊るすハーネスでできていて、これを背にしょってヘルメットを被ります。手袋は必需品ですよ。なんやかんやで10~20キログラムくらいになるそうです。
ゆくゆくは自分の装備を揃えて、自由に飛びたいですね。




大会で入賞?


全国各地で各種大会が開かれています。大会で上位にいけるまでの実力が付けばもっともっと面白くなりそうですね。(かなり難しそうとは思いますが・・・)いろいろな人とも出会えそうですし、大会を目標に練習するのもいいかもしれません。上達する早道かもね。

飛行機やグライダーにも乗ってみたいのですが、自分の体だけで空中を遊泳できるパラグライダーは大変魅力を感じます。
みなさんも一緒に空の仲間になりませんか?









空からおいらはどう
みえているんだろぅか?


 ゲンタの趣味への旅のホームトップへジャンプするぞ ゲンタの趣味への旅のコンテンツリストへジャンプするぞ いろんな趣味へのリンク集へジャンプするぞ ゲンタへなんでもメールちょうだい       さっき見たページに戻りたいときはこのボタン 次のページは、さてなんだろう?                        このページのトップへジャンプするぞ
Copyright (C) 趣味への旅 All Rights Reserved
ご覧いただきありがとうございます。 また、いつでもきてくださいね。待ってます。