けん玉

けん玉

 ゲンタの趣味への旅のホームトップへジャンプするぞ > けん玉 さっき見たページに戻りたいときはこのボタン ゲンタの趣味への旅のコンテンツリストへジャンプするぞ いろんな趣味へのリンク集へジャンプするぞ ゲンタへなんでもメールちょうだい 次のページは、さてなんだろう?



けん玉



 けん玉(けんだま)については、「あ~あ~、あの子供のおもちゃのけん玉ね。見たことある」と言う人、多いんじゃないでしょうか? 


 確かに、昔は玩具に位置づけられていたのは確かですが、いまどきは、「けん玉を侮る(あなどる)なかれ!」です。けん玉には、きちんとした公式(日本けん玉協会)の級・段位認定制度もできてるし、その内容ときたら大変なものです。


 結構難しいを体得するのに、体全体の運動神経を駆使しなきゃいけないし、時間も掛かるし、で、うまくけん玉のコツをつかむと、しっかり「はまっちゃう」と思いますよ。


 体全体を慣らす必要があるため、まずは「頭」から 生い立ちなぞを、どうぞ!



◆生い立ち


 日本には江戸時代に伝わってきたといわれている。「すくいたまけん」とよばれていたようです。


 明治時代になり、文部省(現在の文部科学省)が「盃及び玉」として紹介した。それが子どもの玩具となったようです。


 大正時代になり、鼓をヒントにした皿胴を組み合わせた「日月ボール」もしくは「明治ボール」が売られはじめ、今のけん玉の形が完成しましたよ。


 1977年は爆発的な大流行となりました。おいらも、この波に乗っちゃったということです。時間を忘れて没頭したのを覚えてますよ。休み時間はけん玉練習会でした。



◆けん玉のつくり


 けん玉は、「けん」と呼ぶ本体と、「玉」に分かれます。それらは「糸」でむすばれていますよ。糸なしでやるのも、なかなかスリルがあっておもしろいですよ。


 けんは、「中皿」が底に、玉をさす「けん先」が頭にあります。けん先の頭から3分の1くらいの位置に、「大皿」と「小皿」が一体となった部位があります。


 なお、中皿とは3つの皿のうち「真ん中の位置にある皿」という意味で、大きさは一般的に大皿>小皿>中皿となっていますよ。(この、小皿>中皿は、日本けん玉協会のものを実測すると小皿の直径が約35mm、中皿の直径が約32mmとのことです。 これ間違えやすいですので、注意してね。)


 自分で描いたので、ちょっと実物とは違いますが、各パートの名称は以下のとおりですよ。覚えてくださいね。写真も添えてみました。


各部位の名称 写真







 さて、これから、けん玉の演技の基本に移りますが、詳細には専門の本や、とても詳しいサイトもありますので、そちらに譲ることとして、概要の説明になりますので、ざっくりと把握してくださいね。



 願わくば、近くの道場を見つけて、即、入門するのが、1番の近道ですよ。




◆けん玉を買う


 けん玉は、各地のお土産屋さんでも売っていますが、もちろん、これらでもできます。実際、おいらも小さい頃は、まずこれから始めました。カラフルなあれです。でも、協会認定のけん玉を使ったら、やはりぜんぜん違うんですね。


 日本けん玉協会認定のけん玉は、おみやげ屋さんで売っているのと比べて、手にしっくりなじみ易いと感じました。けんは何も塗っていないので、滑りにくいです。


 これから、「やってみよう」と考えている人、「なかなか上達しないぞ」と思っている人、どうぞ、日本けん玉協会認定品を買うことをお勧めしますよ。


 製造会社によって、商品名がいろいろありますが、どれも認定品、つまり規格が同じですので、基本的にはいっしょと考えてもいいです。その筋では、やはり、人気商品というのがあるみたいですので、調べてみるのもおもしろいですよ。


 認定品ですから、規格が決まっています。今は、お店によっては旧規格と新規格の両方が売っているかもしれません。まず、練習するだけならば、どちらでもいいのではないかと思います。ただし、公式競技に出場する場合は、新規格のものでないとだめですから、注意して購入してくださいね。 しっかりと「新規格のけん玉をください」と言ってくださいね。


 値段は、認定品とは言っても、千円ちょっとですので、お手ごろですね(ありがたや~)  気分転換に、複数本持つのもいいかも。


 玉の色は、昔は赤と言いますか、朱色しか無かったように記憶していますが、今は、赤の他にも無色、青、ピンク、グリーンなどいろいろありますから、好きなのをえらんでくださいね。





 では、手元に「けん玉」を用意して、読みながらまねてくださいね。無くても、それらしいものを使って、イメージトレーニングしてください。



◆けん玉の基本


 では、「けん」の持ち方からです。


 技を始める前のけん玉の持ち方ですよ。


大皿グリップ
 けんの根元を、親指と人差し指でつまみ、残りの指を小皿に添え、けん先を下に向ける持ち方です。


小皿グリップ
 大皿グリップの要領で、残りの指を大皿に添えると小皿グリップとなるよ。


けんグリップ
 けん先を上、大皿を手前に向けて皿胴の下のけんを持つ。薬指、小指は添えても、添えなくともいいよ。自分にあった持ち方に慣れましょう。


玉グリップ
 玉だけを持つグリップです。穴を真上にする場合が多いよ。


ろうそくグリップ
 中皿を上にしてけん先を持つよ。親指、人差し指、中指でもつのが自然。


つるしグリップ
 糸の中央あたりを指でもち、けんと玉をぶら下げる。技によって、けんと玉の位置が変わるよ。玉の穴にけんにさす、ささない、糸を人差し指だけにかける、親指と人差し指でつまむなどある。どの場合も糸を余らせて持ってはならないぞ。


極意グリップ
 けんを横にし、親指で小皿を、残りの指で大皿を持つ。


おしゃもじグリップ
 すべり止めから中皿のふちあたりを軽く握る。








◆では、構えて!



まっすぐ

 玉やけんなどを真下に垂らした状態、または玉をけん(けんを玉)に乗せて正面で構えた自然な体勢です。


ななめ
 玉やけんなどを反対の手で持って体側に引き寄せ、地面に対し角度がついた状態からスタートするときの体制ですよ。







◆体の動き(これがキモですよ。 キモっ!!!)   


 とっても大事なので、よーく「コツ」をつかんでくださいね。技はそれからゆっくりマスターしてください。何でも基本をみっちり把握しないとね。


 「コツ」をつかめた瞬間は、とても達成感が感じられ、なんとも言えない充実感を味わえると思いましすよ。


 なんと言っても、体全体でけんや玉を動かすこと。「手先、腕だけでは、ゼッタイ思い通りにならないよ。」思い通りにならないと、つまらなくなるし、けん玉の面白さを知らないでやめてしまうことになっちゃうかも。とても、残念です。


 逆にコツをつかむと、どんどん上手になっていくからね。後は練習量だよ。



では、いいですか?


 大げさすぎるくらい、『中腰までしゃがんで、「すっ」と伸びて』の動作を基本にしてくださいね。しゃがんでから「すっ」と伸び上がるときに、手首のスナップを効かせて「ちょっと」、玉(技によってはけん)を、すくい上げるようにね。体といっしょについてくる感覚をつかんでください。もちろん、玉またはけんの方が、あがるスピードは速いですよ。


 「玉」(技によっては「けん」)が落ちるとき、その落下速度よりちょっと遅めに、いっしょにしゃがみこみます。「きめ」の瞬間です。ひざの屈伸運動、「あっ!そういえば、スクワッドに似てますよ」 両者が触れるときは「そおーーーーと」出会うようにタイミングを合わせます。(表現が難しいぞ! 国語2~3だったから うーん?)  「ストッ」と乗る感じです。


 何を言いたいかというと。 皿を手で胸の前あたりに固定しておいて、目の高さあたりから「玉」を落としてみてください。木どおしだから、反発して「カーン」と鳴って玉は跳ねて落ちちゃうよね。あの小さな皿に載せるためには、反発力を最小限にする必要があるんだ。


 今度は、目の高さくらいから「玉」を落として、皿に触れる手前で、「すっ」と、手を下げると同時にしゃがんでみてください。手だけ下げると、皿が傾いてしまうので、玉は乗らないね。皿を真上を向いたままにするためには、自分がしゃがみこむしかないよね。


 この しゃがんで⇒伸びて⇒しゃがんで⇒「きめっ!」を練習して、「けん」と「玉」が音なくドッキングする感覚を、自分のものにしてくださいね。



◆お手入れ


 とくに、これといったお手入れはしていませんが、やはり、楽しませてくれたお礼に、取り扱いは丁寧にしてあげましょうね。きっと、「けん玉」にも伝わると思いますよ。


 今度は、きっと、決まってくれる!(ハズ)



◆けん玉の技 あれこれ


 けん玉の技は、正直、かぞえきれないほど考えられているようですが、2000年に日本けん玉協会が定めた「けん玉の技百選」を紹介しますね。


 ただし、解説については、右利き用に説明してあります。左利きの人は、左右と逆に読み取る必要がある技がありますよ。


 ゆっくり覚えていってください。あせる必要は何もありませんよ。




けん玉の技百選(日本けん玉協会選定)
番号 名   称 解   説 (演技の仕方)
001 大皿 下に垂らした玉を引き上げて、大皿に乗せる。
002 リフティング大皿 大皿に乗せた玉を軽く放り投げ、サッカーボールをリフティングするように太ももで蹴り上げて再び大皿に乗せる。足の左右、蹴る回数は問わない。
003 小皿 下に垂らした玉を引き上げて、小皿に乗せる。
004 中皿 下に垂らした玉を引き上げて、中皿に乗せる。
005 野球けん 大皿に乗った状態の玉をけんじりで打って一回転させ、玉を再び大皿に乗せる。
006 ろうそく けん先を持って玉を中皿に乗せる。赤い玉のけん玉を使って行うと、完成した姿が火の灯った蝋燭のように見える。
007 遠心力 大皿に玉を乗せ、遠心力によって大皿から玉が離れないようにけんを1回転させる。
008 つばめ返し おしゃもじグリップでけんを握り、玉を大皿に乗せる。そして、玉をジャンプさせている間に玉の回りをけんで回し、再び大皿で玉を受ける。右回りか左回りか、また回転数は問わない。
009 はやて中皿 飛行機が完成した状態から、けん玉を軽く空中に放り投げる。玉にささったけんを抜き、素早く玉の下に持ってきて玉を中皿で受ける。
010 空中ぶらんこ けん先に玉がささった状態で糸の部分を持つ。けん玉を空中に放り投げ、けんを取り、前方に振り出された玉を中皿で受ける。
011 トルネード中皿 けん先に玉がささっていない状態で、糸を右手の人差し指に引っ掛けた状態にする。けん玉を自分から見て時計回りに回転させ、3回転ほどしたら放り投げ、けんを取り、玉を中皿で受ける。
012 もしかめ 大皿に玉が乗った状態から始める。中皿→大皿→中皿→…と交互に玉を移動させる。回数は、最初に中皿に移ったときを1回目とし、次に大皿に移ったときを2回目と数える。
013 かじ屋 もしかめと同様だが、大皿から中皿に移しかえるときに中皿のふちで玉を叩いてから中皿で受ける。三味線、ライターと呼ばれることもある。
014 大波小波 もしかめと同様だが、体を大きく左右に振りながら行う。
015 とめけん 玉を垂直に引き上げ、けん先で受ける。
016 居合いとめけん 玉を上げず、けんを下げる動きのみで玉をけんに入れる。単に居合いと呼ばれることもある。
017 おとしだま 玉をけんの上から落としてけんに入れる。けんは動かさない。
018 掛け軸返しとめけん 親指以外の4本の指を揃え、そこに大皿のふちを引っ掛けた状態からはじめる。けん玉を投げ上げ、一回転したけんを取り、とめけんのように落下してくる玉をけん先で受ける。
019 やじろべえとめけん 小指の上にけんを水平に乗せるグリップからはじめる。けん玉を投げ上げ、けんを取り、とめけんのように落下してくる玉をけん先で受ける。
020 つるしとめけん けん先に玉がささっていない状態でつるしグリップで持つ。けん玉を垂直に投げ上げ、けんを取り、とめけんのように落下してくる玉をけん先で受ける。
021 飛行機 玉の穴を上にして持ち、けんを半回転させて玉の穴に入れる。
022 一回転飛行機 けんを一回転半させた後に穴に入れる。木の葉おとしと呼ばれることもある。
023 二回転飛行機 けんを二回転半させた後に穴に入れる。上の一回転飛行機のことを二回転飛行機ということもある
024 スクランブル飛行機 飛行機を行うが、途中で糸を指をかけてけん玉を1回転させる。
025 八の字旋回飛行機 けんを左右に八の字に振り回してから飛行機を行う。
026 つるし一回転飛行機 けん先に玉がささっていない状態でつるしグリップで持つ。けん玉を前方に放り投げ、玉を取り、一回転飛行機を決める。
027 手のひら飛行機 手のひらにけん玉を置いた状態からけん玉を放り上げ、玉をキャッチして飛行機を行う。
028 ふりけん 玉を1回転させ、けん先で受ける。
029 うらふりけん ふりけんとは反対に玉を回転させ、けんの先で受ける。玉はけんと自分の体の間を通る。
030 風車ふりけん ふりけんの途中、けんを人差し指を軸にして1回転させる。
031 指切りげんまん ふりけんの途中、糸を右手の小指に何回か巻きつける。
032 小指姫 ふりけんの要領で玉を小指に入れる。
033 ろうそく返し ろうそくを完成させた後、けん玉を空中に投げ上げ、回転して落ちてくるけんを取って玉をけん先で受ける。
034 ろうそくうらふりけん ろうそくグリップから玉をうらふりけんのように回し、けんをとめけんグリップに持ち替えて玉をけん先で受ける。
035 ふりけんつむじ風 ふりけんの途中、けんを空中で1回転させる。
036 つるしふりけん けん先に玉がささっていない状態でつるしグリップで持つ。けん玉を前方に放り投げ、けんを取り、1回転した玉をけん先で受ける。
037 村一周 大皿~けん
038 県一周 中皿~けん
039 日本一周 小皿(大皿)~大皿(小皿)~けん
040 ヨーロッパ一周 小皿(大皿)~けん~大皿(小皿)~けん~中皿~けん
041 世界一周 小皿(大皿)~大皿(小皿)~中皿~けん
042 宇宙一周 けん先~けん~小皿(大皿)~けん~大皿(小皿)~けん~中皿~けん
043 皿胴一周 小皿~けん先~大皿~裏側のけん先~小皿~けん
044 灯台 玉を持ち、けんを垂直に引き上げて中皿を下にして玉の上に立てる。
045 さか落とし 灯台を成功させた後、けんを半回転させて玉で受ける。
046 灯立 飛行機が完成した状態から、けんを半回転させて玉の上に乗せる。
047 灯台とんぼ返り 灯台を成功させた後、けんを一回転させて再び玉の上に乗せる。
048 灯台返し けんを引き上げ、玉でけんじりを叩いてけんを半回転させて玉で受ける。
049 大皿さか落とし とめけん持ちで大皿に玉を乗せ、けん玉を空中に放り投げて玉をつかみ、4分の3回転してくるけんを玉で受ける。
050 一回転灯台 飛行機のようにけんを前方に振り、一回転させて灯台を決める。
051 二回転灯台 けんを前方に振り、二回転させて灯台を決める。
052 つるし灯台 けん先に玉がささっていない状態でつるしグリップで持つ。けん玉を垂直に投げ上げ、玉を取り、灯台を決める。
053 つるし一回転灯台 けん先に玉がささっていない状態でつるしグリップで持つ。けん玉を前方に放り投げ、玉を取り、一回転灯台を決める。
054 うずしお灯台 けん先に玉がささった状態で糸の部分に人差し指を引っ掛け、前方に振り出して数回回転させる。途中でけん玉を前方に放り投げ、玉を取り、灯台を決める。
055 けん先すべり けん先に玉を乗せ、すべらせてけんに入れる。すべりけんとも言う。
056 うらけん先すべり けん先すべりを裏側のけん先で行う。
057 大皿すべり 玉を大皿に乗せ、転がしてけん先で受ける。
058 おすべり 極意グリップでけん先に乗せた玉をすべらせて中皿に移す。
059 地球まわし 玉を一回転させて再びけん先で受ける。回転方向は技を行う人の右側から見て反時計回りとなる。うらけんと呼ばれることもある。
060 うら地球まわし 地球まわしの反対回転をする。
061 はねけん 飛行機を成功させたあと、けんを一回転させて再び玉で受ける。木の葉がえしと呼ばれることもある。
062 横はねけん 横回転のはねけん。
063 山びこ返し 玉を持ち、けんを右横にふり横回転させて玉でけんを入れる、いわば横一回転飛行機。これ以外にも多数のやり方がある。
064 招き猫はねけん 右手の握りこぶしの手の甲にけん先に玉を入れた状態のけん玉を乗せる。けん玉を放り投げ、玉を取り、一回転したけんを受ける。
065 うぐいす 大皿または小皿の縁とけん先の間に玉を乗せる。
066 うぐいすの谷渡り 大皿うぐいす(小皿うぐいす)~小皿うぐいす(大皿うぐいす)~けんと移動させる。
067 銀河系一周 けん先~うぐいす~小皿(大皿)~うぐいす~大皿(小皿)~うぐいす~中皿~うぐいす→うぐいす→けんの順に移動させる(→は地球まわしの要領で玉を回転させる)。
068 こっくり うぐいすを成功させた後、玉を大皿に移し再びうぐいすに戻す。玉はけんから離さない。こっくりさんともいう。
069 エベレスト ろうそくグリップで、玉を小皿(大皿)の縁とけんの間に乗せ(さるのこしかけ)、それを中皿に移し、最後に大皿(小皿)の縁とけんの間に移す。
070 すべり止め極意 すべり止めに玉を乗せる。
071 中皿極意 中皿の縁(ふち)に玉を乗せる。
072 大皿極意 大皿の縁(ふち)に玉を乗せる
073 太陽極意 とめけんグリップですべり止めの裏に玉を乗せる
074 月面着陸 大皿または小皿と玉が接するようにけんを玉の上に乗せる。奥義剣、大砲、ピストルと呼ばれることもある。大砲は右側からふって玉に乗せる
075 たけうま 玉を持ってけんを前方に振り出し、うぐいすを上下逆にした形になるようにけんを玉の上に乗せる。
076 宇宙遊泳 けんを持った状態からけん玉を空中に投げ、半回転させたあと玉を取ってけんを玉で受ける
077 円月殺法 けんを持った状態からけん玉を空中に投げ、一回転させたあとけんを取って玉をけん先で受ける。
078 稲妻落とし けんを持った状態からけん玉を空中に投げ、一回転半させたあと玉を取ってけんを玉で受ける。
079 胡蝶の舞 円月殺法と同様だが、投げたけん玉を回転させてけんを取る動作を2回続けて行ってから玉をけん先で受ける。
080 はやぶさ返し 左手でけんを持った状態からはじめ、背面を通して体の右側でけんを離して宇宙遊泳を行う。
081 ジャンピング宇宙遊泳 けんを持った状態からけん玉を空中に投げ、半回転させた後糸を手首の内側に引っ掛け、けん玉を3~5回程度回転させてから玉を取って玉をけん先で受ける。
082 はやて落とし けんを持った状態からけん玉を空中に投げるが、宇宙遊泳のように空中で回転させずにすぐに玉を受け止めてそこからけんを玉で受ける。
083 あやとり 玉を持ってけんを上に引き上げ、指で作った糸の輪の中に中皿を通し、けんがぶら下がった形にする。
084 あやとり宇宙ロケット 玉を持ってけんを上に引き上げ、指で作った糸の輪の中にけん先を通し、中皿を指で押さえることによってけんが宇宙船のようになる。
085 おみこし 皿胴のけんじり側に玉を乗せる。
086 金魚すくい 床に置いた玉を大皿ですくう。
087 竹とんぼ 玉をけんにさした状態から、玉を上に向かって横回転させ、ふたたびけんで玉を受ける。
088 こま けん先に玉が入った状態から、右手の親指で玉に回転を与えながら玉を前にふりだし、回転が止まる前に再び引き上げてけん先で受ける
089 きりもみ 竹とんぼの玉とけんを逆にした技。
090 玉つきさし 垂らされた玉を引き上げ、突き刺す。
091 すくいけん 玉つきさしの玉とけんを反対にする。
092 一回転すくいけん けんを1回転させてすくいけんを行う。
093 ペンシルまわし 玉を大皿に乗せ、小皿に添えた中指を軸にしてけん玉を回転させる。
094 ガンマン 玉をけんにさし、人差し指を軸にして1回転させる。空中で玉がけん先から外れてはならない。
095 ヘリコプター 極意グリップで皿胴のけんじり側に玉を乗せ、けん玉を空中で水平に回転させて元に戻す。右回転か左回転かは問わない。
096 手拍子つるし持ち けん先に玉がささった状態で糸の部分を持つ。けん玉を空中に放り投げ、手を叩いてからけんの方をキャッチする。空中で玉がけん先から外れてはならない。
097 持ちかえわざ 玉をけんにさしたけん玉を空中に放り投げ、けんを持った状態から玉を持った状態にする。または玉を持った状態からけんを持った状態にする。
098 ひっつき虫 玉をまっすぐ引き上げて大皿を親指で止める。その時に真正面から親指が見えないようにする(正面からはけんが玉に吸い付いているように見える)。
099 秘竜のぼりけん 中皿に玉を乗せ、玉が落ちないようにしてけん玉を右手首の付近や体の上を回るように移動させる。最後に玉をけん先で受ける。
100 しまいけん ふりけんのように玉をふりだし、何回か糸を皿胴に巻きつけてから玉をけん先で受ける。







◆豆知識


 けん玉の親類は、世界中にいろいろあります。


日本国内でも、
 北海道はアイヌ民族が楽しんでいた「ウコ・カリ・カチュ」があります。


台湾では、「日月球(リーユエチュウ)」や「劍球(ジエンチュウ)」と呼んでいる。


アメリカでは、インディアンが楽しんでいた「ジャグジェラ」、エスキモーの「アジャクゥァク」があるし、


フランスの「ビルボケ (Bilboquet)」もある。この「ビルボケ」がけん玉の元祖というのが一般的ですよ。


メキシコの「バレロ (Balero)」は現在も売っているので、そちらに行ったら買ってきてみてはいかが?



日本けん玉協会


 日本けん玉協会(NPO法人)が、技の定義・整理、級位・段位の認定、各種大会の主催、協会認定のけん玉の販売、その他各種行事の開催など、普及活動を行っています。


日本けん玉協会杯(JKA杯)争奪戦(通称JKAカップ)
全日本けん玉道選手権大会
全日本少年少女けん玉道選手権大会(文部科学大臣杯)
全日本クラス別けん玉道選手権大会
全日本けん玉道パフォーマンス大会
全日本けん玉道もしかめ選手権大会
全日本マスターズけん玉道選手権大会(2008年より)



けん玉の技百選


 けん玉の技百選は、NPO法人日本けん玉協会の25周年記念事業の一つとして25周年創立記念日(2000年5月5日)に分類・選定されました。


 けん玉日本一を決める大会はいくつかありますよ。もしかしたら、何年か先のチャンピオンが、あ・な・た だったりして~。ってなるようにガンバッテください。

けん玉マスター


 けん玉をより普及させるために、『けん玉マスター』の称号ができましたよ。
 種類は次のとおりです。


  ●百の技すべてを3回中3回連続で成功⇒「プラチナマスター」
  ●すべての技を3回中2回連続で成功 ⇒「ゴールドマスター」
  ●すべての技を3回中1回成功させる ⇒「シルバーマスター」


  なお、あまりにもハードルが高いため、たとえば、50の技ができれば「ブロンズ50」のように、ステップアップする称号を設けた。以降「ブロンズ60・70・80・90」がありますよ。


 チャレンジするべし!


 ちなみに、おいらは、すぐずっこけてしまいます。修行、修行、そして修行ですね。





おいらの足腰に
かなうものいるか


 ゲンタの趣味への旅のホームトップへジャンプするぞ ゲンタの趣味への旅のコンテンツリストへジャンプするぞ いろんな趣味へのリンク集へジャンプするぞ ゲンタへなんでもメールちょうだい       さっき見たページに戻りたいときはこのボタン ホームページのコンテンツにもどるよ                        このページのトップへジャンプするぞ
Copyright (C) 趣味への旅 All Rights Reserved
ご覧いただきありがとうございます。 また、いつでもきてくださいね。待ってます。