デジタルカメラ

デジタルカメラ

 ゲンタの趣味への旅のホームトップへジャンプするぞ > デジタルカメラ さっき見たページに戻りたいときはこのボタン ゲンタの趣味への旅のコンテンツリストへジャンプするぞ いろんな趣味へのリンク集へジャンプするぞ ゲンタへなんでもメールちょうだい 次のページは、さてなんだろう?




デジタルカメラ

たいていの人は、静止画(Still picture)を撮るカメラ(Camera:Still camera:スチルカメラ)や動画を撮るビデオカメラ(Video camera)で大事な記録を残しておくよね。おいらも家族との楽しい思い出や「きれいだなぁ」「すごいなぁ」「おもしろいなぁ」などと感じたものを記録してきた。これからもズーッと撮り続けていくつもり。


特にカメラはその出番が多い。子供が小さい間は、そのぎこちない(?)動きに注目がいくので結構ビデオカメラの出番が多かったが、トータル的に見ると、静止画をとる場面が多い。


そこで、デジタルカメラに興味を持った人に、おいらなりのデジタルカメラの選び方について書いてみた。




 買う前に情報を集めよう
 自分分析をしてみよう
 予算は?
 冷静に考えて
 揃えたいアイテム
 ┣最初にほしいアイテム
 ┣コンパクトデジタルカメラ用
 ┣デジタル一眼レフカメラ用
 ┗ゆくゆく考えてみたいアイテム





買う前に情報を集めよう


カメラと言っても、その種類はすばらしく多い。「カメラがほしい~」だけで突然カメラショップにいっても、まず選ぶことができないと思う。


カメラを買う動機や目的は人それぞれ、せっかく買うんだから、ある程度知識を仕入れてお店に行きたい。「あっ」今どきはインターネットショップかな?






ともあれ、最低限のことをまとめてみたので、参考にしてちょーだい。
実際にお店に行って、専門的な知識をもった店員さんと話をするのは、とても参考になる。何回か行って顔を覚えてもらうと、ちょっといい情報がもらえるときもあるよ。


インターネットサイトの評価を読んでみるのもいい。厳しい評価が書いてあったりして、最終決断を迷うときもあるけどなかなかためになる。いずれにしても、衝動買いをするよりじっくりと選定するのが賢い買い方だ。


そんなに急に必要になることは滅多にないので、ここは買いたい衝動を「グッ」と抑えよう。きっと満足できるカメラをゲットできると思う。


大抵のお店では試し撮りもできるので、おなじ被写体を写してきて比べてみるのもいいと思うよ。(メモリは持っていかないとね)


写真素材のピクスタ



このページのトップへジャンプするぞ



自分分析をしてみよう



さー、どうしてカメラがほしくなったのかな? 何を写すのかな?




「こんどの旅行に気軽に持って行けるデジタルカメラがほしくなったから」


「子供の運動会、学芸会、ピアノの発表会などイベントがもり沢山、わが子に記念として残しておいてあげたいので」


「最近、カメラに興味が湧いてきて、趣味にしたくなってきた。いろいろ写してみようと思って」



「今やっているブログに写真をのせたくなったから」





などなど、人それぞれのきっかけがある。


では、どんなカメラをイメージしているのか、どんな写真を写したいのか。一度自分分析をしてみよう。


画像(写真)を残しておくのに、



1 「カメラは手軽に写せねば!」「写したいものがしっかり写っていればいい」とい
  う「記録重視」の人。





このタイプの人は、「旅行先でみんなと集合写真、仕事で記録写真、レストランでおいしいランチを・・・、いろいろなシーンでパチパチ撮りたい」と思っているのでは? 「軽くて小さいカメラがいいなぁ」とも・・・


写した写真はアルバムに張って残しておきたい。


このような人は、間違いなく
コンパクトデジタルカメラ(Compact Digital Camera:コンデジ:デジカメ)

が最適。


今発売されている機種はどのメーカのどの機種もとてもよく写ると思うので不満はほとんど出ないはず。


ただし、メーカや機種によって発色が多少違ってくる。デジタルのメリットで、パソコンに取り込んだ後からでも処理できるので、そんなに気にすることはないが、何もしないで現像に出した場合の傾向ということ。気になる人は、青系が好みなのか、赤系が好みなのか、決めておいて選定するほうがいいかもしれない。


気に入ったデジカメの評価を比較掲載している雑誌を数冊読んでみると、傾向がつかめるぞ。


大は小を兼ねる」のことわざに習って、コンパクトデジタルカメラでいい人が最初から「デジタル一眼レフカメラ」に手をだすのはやめたほうがいい。


なにしろコンデジの何倍もの重さや厚さがあるので、相当かさばると考えていい。携帯性を重視する人はコンパクトデジカメがブナン。






最近とみに増えてきてうれしいのが、防水・防塵仕様のカメラ。
海・山・天候に関わらずアウトドアを楽しむ人にはもってこい。


メーカさんもやはり使う人の身になって考えてくれていて、とてもいい環境になってきたね。






コンデジは、「だれでも手軽にきれいに写せる」が基本コンセプトだから、失敗は少ないが、機能は限定されてしまうので、作品としての広がりを期待してもダメ。







2 「やっぱりきれいに写さなきゃ」「いろいろ工夫できるといいなぁ」とコダワリを
  持つ「画質重視」の人。





このタイプの人は、「鮮明に写せて、遠くのものをできるだけ大きく写せたり、花をアップで写したり、夜景をきれいにうつしたり、写り方をいろいろと変えたりできるカメラがほしい」と考えているのでは?


かわいい子供の運動会や学芸会などにも使いたい。かけっこでわが子をアップで写したい。きれいな奥さんのポートレートもしくはいつもカッコいい旦那さんの・・・


こういう人は、一眼レフカメラ「デジタル一眼レフカメラ(Digital Single-Lens Reflex camera:DSLR)


をはじめ、設定を自由に変えることができ、レンズを交換できるカメラが候補。


写真雑誌や商品評価雑誌などで、特徴をよくつかんで参考にしておこう。


おおよそ機能はメーカによる違いは少ないが、一度購入すると、手持ちのレンズや周辺機器を有効活用したくなるので、次の機種を選ぶときも同じメーカになると思う。


そういう意味も含めて、最初のメーカ選びは大事なので、じっくり納得できるまで検討しよう。






おいらのキャノンEOS-Kissと望遠レンズで、約1kg。結構重たいので、覚悟しておくこと。さらに中級用以上ともなれば、倍以上になるのも珍しくない。


でも、この重さをしても、納得のいくいい作品が撮れると充実感が沸くのは、やはり一眼レフカメラの特徴なのかもしれない。






基本的には本体とレンズは同じメーカのものが適当だと考えていい。しかし、レンズはレンズ専門メーカ(タムロン:TAMRON、シグマ:SIGMAなど)のを揃える選択肢もある。カメラメーカには無い高倍率レンズなどをそろえているので、カメラメーカの2本のレンズ分を1本でまかなえるものもあるからだ。


ちなみに、おいらはキャノン(Canon)EOS Kiss×4、キャノンの50mmF1.8の単焦点レンズのほかに、タムロン(TAMRON)の18~270mm望遠レンズをそろえたんだ。







3 デジタル一眼でじっくり写したいときもあれば、さっと取り出して気軽に写せる
  カメラもいいという「ケースバイケース」な人。





この「ケースバイケース」という人、実はおいらがこのタイプなんだ。


「気分屋」と言われるときもあるけど、大事な記念写真や遠くの被写体を撮るとき、ちょっと気になった被写体をいろいろ雰囲気を変えて撮ってみたいときはデジタル一眼レフカメラで、旅行したときのちょい撮りや趣味の写真はコンデジで、と自分なりに使い分けているんだ。


昔は一眼レフカメラ1本だったけど、コンデジの性能がバツグンに良くなってきてからは、コンデジの出番が多くなってきた。携帯性がとてもいいし現像もサービス版なら十分な画質なので、「一眼レフカメラまではねぇ?」とまよっているときはコンデジを取り出しているって感じがする。


おそらく、カメラに興味を持った人は両方持つと思うので、こんな使い方になるのかもしれない。







4 もっと気軽に持ち歩いて写したいという人(デジタルカメラにこだわらない)




その1


やっぱり、いつもポケットなどに入っている携帯電話のカメラ機能を活用するのがいい。コンデジの画質に匹敵するような機種も多く出ているので、お気に入りの携帯電話会社の機種の中から検討に加えてもいいと思う。ただし、本当に機能は制限されていることを認識しておこう。


今もっている携帯電話でいろいろ写してみてじっくり評価してみるといい。


うまく撮れたときには、ちょっと「これはいけるかも・・・」と、いつもメールやゲームばかりしているだけの携帯電話を見直しちゃうかも。






その2


手軽で、とても使い勝ってのいいのが、一世を風靡(ふうび)した富士フィルムが発売した「写ルンです」から始まった「レンズ付きフィルム」 意外に記録用としては今も重宝されているらしい。


発売から20年以上たち成熟されてきている。これは銀塩フィルムをつかっているのが大きな違い。


目的地に行って「あっ!カメラを忘れた~」というときの強力な助っ人になるはずだ。


銀塩フィルムの一番いいところは、偽造が困難なこと!


重要な記録は銀塩フィルムがまだ使われているそうだ。








このページのトップへジャンプするぞ



予算は?


自分分析ができたとして、もう1つ厄介(やっかい)なハードルがある。だいたい想像できたと思うけど・・・   「そー」先立つお金。予算の概算をつかんでおこう。


いくらでも出せる人、こつこつ貯めてきた貯金なので制限がある人。分割で上手に買う人。
予算も人それぞれ。


おおよその目安として参考にしてほしい。上をみたらきりがないし、あんまり安価なものを選んでも「ん~ ちょっと違うような・・・」となりかねない。


最初から大枚を叩く必要もないけど、「安物買いの銭失い」にならないように気をつけよう。








●コンパクトデジカメ → 3万円前後。


●デジタル一眼レフカメラ → 入門用 8万円以上


●レンズ交換式デジタルカメラ(ミラーレスカメラ) → 8万円以上





このほかにも、カメラケースなどのアイテムにもお金がかかるので、プラスアルファは見込んでおくこと。


アイテムの値段については「揃えたいアイテム」で参考価格を記載しておいたので、概算を計算しておこう。


今では、インターネットショップでかなり安く買えるので、購入者の講評を参考にしてみるのも賢い買い方だと思う。


おいらは、インターネットで格安の店を探して、そのお店まで買いにいくこともあるんだ。






また、アマゾン(Amazon.com)でもよく買うんだ。かなり安いのでサラリーマンにはありがたい。


いつも驚くのが、商品ひとつでもしっかり梱包して送ってくれること。最初は「こんなの頼んでないけど・・・」と思うかもしれないよ。


とても安心できるシステムだと思う。


カー様に「そんな大きなもの。今度は何を買ったのですか」と問いただされると、いつもビクッとするけどね。


「えへへ」





デジタル一眼レフカメラは、中級以上のカメラになると十数万円以上となる。またレンズもそれ以上のがいくらでもある。少しずつそろえていきたいね。


「入門用」とは、おいらが持っているキャノン(Canon)のEOS Kissのようなファミリー向けなどを指して言っているが、最近のものは機能が十二分備わっていて、かなりの期間使うことができると思う。






勝手に入門用とか中級以上とか言っているけど、最後決めるときに、本人が「これだ!」と感じたもののほうが愛着を持って大事に永く使えるような気がする。


最初からウン十万円というのもありだと思う。お財布の中身とよく相談しよう。






このページのトップへジャンプするぞ



冷静に考えて


インターネットやお店に出向いて、いろいろ調べているうちに、自分にあったものが少しずつ見えてくる。納得できるまで粘り強く探すべきだと思う。


そのうちあれもこれもと機能・性能など気になってくる、そしたら値段も急上昇の一途。どこかで妥協しなければならないときが来るけれど、ぎりぎりのところまで探してみよう。


それから、写真関連の雑誌や比較検討を記事にしている雑誌を読むのも参考になる。複数読んでいると、偏った意見も見えてくるので、そのうちに良し悪しが判ってくる。


大事なのは、最後に元へ戻って、「自分は●●のためにカメラを買おうとしている」ということを確認して、最終判断すればいいと思う。意外と検討しているときには熱が入ってしまって、本来の目的から離れてしまっていることがある。


「よーく考えたら、こっちだった。」と方向転換もありうる。


ちょっと時間を置いて、熱から冷めて冷静になることが肝心。余分な出費(今は・・・)を抑えることができるし後悔もしないぞ。


おいらは、熱がグッグーと上がっているときから、1ヶ月以上は期間を置いてみる。「ちょっとおまえねぇ~ 本当にそれでいいのか? 違う視点からもう少し考えてみたらどう? 本当に必要なの?」と自分と会話してみることが大事。長ければ半年とか一年とか。要は本当に必要なのかどうか自分で自分を試してみるといい。


真剣に検討していれば、このくらいの時間が自然と経過してしまうんだけどね。


機が熟したと思ったら、「よーしゴーだ!」と一気にいこう。あとは前進するのみ。腕を磨いて納得した写真を撮れるようにがんばろう。






このページのトップへジャンプするぞ



揃えたいアイテム


じっくり考えて、カメラが本当に必要なことがわかったし、カメラの機種も決まった。


では、これからのカメラライフを充実させるために、あったらいいなぁと思うものを挙げてみた。


カメラと一緒にほしいものと、ゆくゆく必要になってから、というものがある。挙げ始めたらキリがないので、本当に基本的なものだけにした。






このページのトップへジャンプするぞ



最初にほしいアイテム



液晶防護フィルム 液晶モニターを傷から守るフィルム。カメラの機種に合ったものを購入のこと。 1,000円前後
クロス カメラが汚れたときに拭き取るもの。
何回も使える布製と使い捨てのもがある。
1,000円前後
メモリ媒体 撮った画像を記憶しておくもの。メーカによって種類が違う。記憶容量は2GB~8GBのものが扱いやすい。なるべく高速なものがおすすめ。 2,000~6,000円
レンズクリーニングセット カメラレンズの汚れをとるアイテムがセットになっている。 300~1,000円
レンズガードフィルタ 一眼レフカメラなどレンズを防護したいときのアイテム。ぜひほしい 2,300円前後
クリーニングペーパー 液晶の汚れやカメラ本体のよごれを落とすことができるペーパー 300~400円


メモリ
カメラ毎に種類が違うので、買うときには店員さんによく聞くこと。インターネットで買うときにはメーカのホームページで調べてから買うようにしよう。
レンズクリーニングセット
レンズクリーニングに必要な液とクリーニングペーパのセット。ブラシなどセットになっているものもある。
レンズガードフィルタ
透明なのがガードフィルタ。手前の色つきが偏向フィルタ。コントラストを強調できるフィルタだ。



クリーニングペーパ
超極細繊維不織布で液晶の油汚れをきれいに落とせるすぐれもの。
コンパクトフラッシュアダプタ
コンパクトフラッシュメモリをパソコンとつなげるためのアイテム。カメラとパソコンを直接つなぐことができる場合は不要。
カードリーダ
どのタイプのメモリもパソコンに接続できるリーダ。最近はこのタイプが主流。
カメラとパソコンを直接つなぐことができる場合は不要。






このページのトップへジャンプするぞ

コンパクトデジタルカメラ用


カメラポーチ メーカ純正のものから、アイテムメーカのものまで種類が豊富にある。 1,000~4,000円


カメラポーチ
丈夫な素材のタムラック製。メーカ純正のものからカジュアルなものまで沢山あるぞ。
カメラポーチ裏
バンドに取り付けやすく、ホックがついているので脱落しにくい。でも一度落としたことがあるので、過信は禁物。
カメラポーチ
カラビナつきで、どこにでもすばやくかけやすいタイプ。取り出しもとてもスムース。






このページのトップへジャンプするぞ

デジタル一眼レフカメラ用


ズームバッグ 当面、おもに望遠レンズでいろいろ撮る人はこのタイプのバッグがお勧め 3,000~5,000円
ショルダーバッグ カメラ以外にもフラッシュなどの周辺アイテムが多くなる人はバッグがお勧め。ほこり、傷、ダメージ、雨、水分などから保護してくれる。 3,000円~
ブロワ レンズやカメラ内に入ったほこりを吹き飛ばすアイテム。外での撮影ではぜひ携帯しておこう。 1,000円程度
エアーダスター スプレータイプのほこり飛ばしアイテム。目的の場所の誇りを確実にとばすことができて大変便利。
ただし、結構強いのでカメラ内に使うときは遠くからじょじょに吹くように細心の注意を払って使うこと。
まとめ買いで一本
500~800円程度
ブラシ カメラ本体のほこりやレンズのほこりを払うためのアイテム。細かい砂などがついたままクロスなどでこすると傷がついてしまうので、まずは取り払う必要がある。ブロワなどで取れないものはこのブラシで払う。 1,500円程度
防湿ケース、除湿剤
使った後は汚れを取って保管しておいても、湿気まではとれない。レンズなどにカビが付き始めたら大変。常に乾燥させておこう。 2,000円~


ズームバッグ
ズームレンズを付けたまま収納でき、すぐに取出しすことができる。これおいらのお気に入りのステリオ・ズームバッグM。開閉がとてもスムース。
ショルダバッグ
交換レンズ、フラッシュなど一緒に運ぶにはこれ。サイズやデザインがいろいろあって迷っちゃうかもね。
ブロワ
いろいろな種類や色があるから好みでどうぞ。


エアーダスタ
意外と使う機会が多いので、まとめ買いしておくのもいい。
パソコンなどのほこり飛ばしにも重宝する。
ブラシ
おすすめなのが「レンズペン」。片方にブラシが付いていて、もう片方にレンズ磨きがついているペンタイプ。ブラシは収納ができる。
防湿ケース
カメラの大きさやレンズの数などで大きさを選ぼう。ふたの裏に防湿剤を収納できるケースが便利。






このページのトップへジャンプするぞ

ゆくゆく考えてみたいアイテム


三脚 手振れしないきれいな写真を撮るためには必須アイテム。 5,000円~
一脚 いつでもどこでも手軽に持ち運べる便利なアイテム。三脚に比べたら手振れは多少はけど相当効果あり。 4,000円~
外付けフラッシュ 一眼レフカメラには内蔵フラッシュがあるけど、もっと遠くのものまで写そうとすると光量が足りなくなるので、補完するためのアイテム。 25,000円~
レンズフィルター ちょっとぼかしが入った写真や、光がきらめく写真、青い空がクッキリきれいに写った写真など、取りたい雰囲気のフィルターが揃っている。 5,000~10,000円程度
レンズサイズが大きいほど高い。
水準器 基本はしっかり水平を出すこと。デジタルカメラによっては水平・垂直線を液晶モニターに写せるものがあるので、有効活用するといい。 2,000円前後
リモートスイッチ
(レリーズ)
望遠レンズを装着すると、三脚にセットしても手振れは起きる。このスイッチで手の振動を伝えないようにできる。さらにきれいな写真を写したいなら必需品。 2,500円前後
予備電池 旅が多い人、カメラを利用する頻度が多い人はカメラと同時購入も検討しておこう 6,000円程度
タイプにより違う


三脚
きれいな写真をじっくりとるにはこれは必須アイテム。
一脚
携帯しやすいのでとても便利なアイテム。
外付けフラッシュ
室内で大事な写真を撮るにはこれがあると安心。作品の幅が広がる


レンズフィルタ
偏光フィルタは光の反射を抑えて、そのものの色がきれいに出る。
そのほかにもいろいろなフィルタがある。
水準器
最近は電子式のものもある。
リモートスイッチ(レリーズ)
バルブといってシャッターを開放したままにもできる。花火や星などの撮影に必要だ。写真にポインターをあわせてみて。






このページのトップへジャンプするぞ



カメラ選び。おいらはとても面白いとおもう。最初は難しいけれど、だんだんと意味がわかってくると光が見えてくるんだ。


「あの機能がいい、この機能もいい。これはいらないかなぁ。」


「やっぱりこのアイテムほしい!」


いろいろ考えるのは脳が活性化する。






よーく考えて買った人。デジタルカメラだから、たーくさん撮ってみよう。


まずはカメラの操作に慣れることが大事。とことん使い倒すと、どんどんあたらしい発見があって楽しいぞ。


それでは、健闘(まだ購入していない人には・・・検討?)を祈る











おいらをカッコよく写してくれる人ないかな


 ゲンタの趣味への旅のホームトップへジャンプするぞ ゲンタの趣味への旅のコンテンツリストへジャンプするぞ いろんな趣味へのリンク集へジャンプするぞ ゲンタへなんでもメールちょうだい       さっき見たページに戻りたいときはこのボタン 次のページは、さてなんだろう?                        このページのトップへジャンプするぞ
Copyright (C) 趣味への旅 All Rights Reserved
ご覧いただきありがとうございます。 また、いつでもきてくださいね。待ってます。